【宮崎ナナイロ】 豆まきをしました。 | フェニックスキッズ

NEWS

お知らせ

© PHOENIXKIDS ALL RIGHTS RESERVED.

【宮崎ナナイロ】 豆まきをしました。

2021.02.03

寒の雨という言葉をご存知でしょうか?
1月5日の寒の入りから2月2日の節分までの期間に降る雨を指し、この時期に降る雨は春の兆しとなるそうです。
長い冬を抜けて、暖かい春を迎えることができることは何か言い表せない嬉しさを感じます。
すぐに新型コロナウイルス発生前と同じような状態に戻ることは困難でしょうが、春が暖かさと共に少しばかりの穏やかさも運んでくれたらと願うばかりです。

2月2日、宮崎ナナイロ園では豆まきをしました。
先生が節分についての紙芝居を読み、なぜ豆をまくのか、なぜ鬼は外で福はうちに来て欲しいのか、などのことについて子ども達にお話をしました。

その後、子ども達は自分たちで作った鬼の被り物を被り、段ボールでできた鬼に向かって新聞紙を丸めたボールを投げて遊びました。

そこまでは皆笑顔で過ごしていましたが、そこに突如、青い鬼が入ってきてきました!

泣いて逃げる子、鬼にボールを投げ続ける子、先生から離れられなくなる子など反応は様々でした。
しばらくの間、園内は子ども達の泣き声や、笑い声、鬼は外!の声でとても賑やかなものになりました。

  

青鬼も寂しくなったのか、子ども達と仲良くなりたいようでした。
最後は子どもたちが作った豆入れに、豆やゼリーなどを入れてプレゼントをしてくれました。
その際、一人ずつ青鬼と写真撮影をしましたが、泣きながらも鬼と一緒にピースする子や、嬉しそうに鬼に寄っていく子など反応はそれぞれでした。

お昼は給食の先生方が鬼を形作ったとてもおいしい給食を作ってくださったので、みんなで一緒にいただきました。

おいしそうな鬼さんだね!